インプラント

キービジュアル

肉体的/精神的負担を
最小限」に

  • 「切らない/縫わない/
    腫れない」インプラント
  • 寝ている間にオペが終了する
    「全身麻酔/静脈内鎮静法」

インプラント「担当医」のご紹介

集合

インプラント治療をメインで担当するドクターをご紹介します。
どのドクターも多くの経験を積み、インプラントに関する資格も保有しています。

  • 日本口腔インプラント学会 専門医/専修医
  • 一般社団法人インプラント再建歯学研究会 理事

※日本口腔インプラント学会専門医/専修医に関してはこちら

  • 歯学博士(東京医科歯科大学 顎口腔外科)
  • 日本口腔インプラント学会 専門医/専修医
  • 国際口腔インプラント学会認定医
  • 日本大学歯学部付属歯科病院非常勤

※日本口腔インプラント学会専門医/専修医に関してはこちら

※国際口腔インプラント学会認定医に関してはこちら

  • 奥羽大学歯学部卒業
  • 日本口腔インプラント学会 専門医
  • 日本歯科放射線学会
  • バイオインテグレーション学会
  • 歯科医師臨床研修指導歯科医
  • インプラント再建歯学研究会 理事

※日本口腔インプラント学会専門医に関してはこちら

当院が行うインプラント治療の、「2つの特徴」

会話

当院が行うインプラント治療で、皆さんに知っていただきたい特徴が2つあります。

1つ目「切らない/縫わない/腫れない」インプラントにも対応

2つ目眠っている間にオペが終わる「全身麻酔/静脈内鎮静法」

どちらも、患者さんの肉体的そして精神的負担を最小限に抑えるための取り組みです。
まずはこれらに関してご紹介します。

「切らない/縫わない/腫れない」
インプラント治療とは?

オペ

インプラント治療は外科処置となりますので、大掛かりな治療をイメージされると思います。そのようなケースもありますが、条件が整えば、親知らずの抜歯よりも負担が少ない方法で治療が可能になります

長山

それが「切らない/縫わない/腫れない」インプラントです。
具体的には「フラップレス(無切開)インプラント」と呼ばれる術式です。

フラップレスインプラントには、3つの代表的な手法がありますのでそれぞれご紹介します。

「歯肉パンチ」を利用したフラップレスインプラント

1

通常は歯肉を切開してインプラントを埋入するのですが、「歯肉パンチ」というものを利用することで、切開するのではなく、歯肉に「穴を開け」その穴にインプラントを埋入する方法があります。メスを使わないため、痛みや腫れ、出血を劇的に抑えることができ、治療後の縫合も不要で、腫れもほとんど生じません

「一般的な方法」と「フラップレス」の比較
一般的な方法
2
フラップレス
1
歯茎の切開 必要 不要
処置後の縫合 必要 不要
痛み ある 少ない
腫れ ある 少ない
処置時間 比較的長い 10分程度

抜歯と同時にインプラントを埋め込む「抜歯即時荷重インプラント」

3

抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。
抜歯によりできた穴にインプラントを埋入しますので、そもそも歯肉の切開や縫合が不要となります。

また通常は抜歯後、一定期間待った後で、インプラントを埋入するのですが、その場合、顎の骨が痩せてきてしまい、追加で骨造成を行う必要があるため、追加の費用負担や治療期間が延びることがあるのですが、それを回避できることも大きなメリットになります。

またオペ当日に仮歯が入るので、歯がない期間がないこともメリットになります。

しかし、すべてのケースで対応できるわけではありません。

総入れ歯の方向けの「All-on-4(オールオン4)」

イラスト

All-on-4(オールオン4)とは、4本~6本のインプラントを埋入し、全部(片顎12本)の人工歯を支える治療法です。この治療法もフラップレスなので、切らない/縫わない/腫れない治療が可能です。

また、オペ当日に歯が入ることも大きな特徴です。

猪俣

次のような方にお勧めしている治療法になります。

  • 「総入れ歯」に大きな不満がある
  • 多くの歯が「ボロボロ」ですべて綺麗に整えたい方

なぜ、上記の方にお勧めしているかというと、通常の方法の場合、足りない歯の本数分のインプラントを埋入する必要があります。そうなると、費用も高額になり、かつ、治療期間もかなりのものになってしまいます。

しかし、オールオン4の場合は、4本~6本のインプラント埋入で済みますし、オペ当日に仮歯まで入れますので、治療期間も大幅に短縮されます。

以下、一般的なインプラント治療とAll-on-4との「比較」になります。

All-on-4All-on-4

眠っている間にオペが終わる「全身麻酔/静脈内鎮静法」

セデーション

当院では、痛みや恐怖心などがない状態(眠っている状態)でオペを完了させる、全身麻酔静脈内鎮静法をご用意しています。

麻酔薬/鎮静薬を注入し数分でほぼ睡眠状態になる方法です。治療中の記憶がほぼありませんので、痛みや、音、振動なども感じることはありません

皆さん「気づいたら治療が終わっていた」とおっしゃいます。
次のような方にお勧めしています。

  • 「歯科恐怖症」の方
  • 「嘔吐反射」が強い方
  • 「ストレスなく」治療を終えたい方
  • 「短期集中治療」を希望される方

また、当院は歯科医院では珍しく、麻酔室があり、大学病院レベルの設備を整えていますので安心して治療を受けて頂けます。

オペ室

  • 機器1
  • 機器2

安心してインプラントをしていただくための「その他の特徴」

皆さんにお伝えしたい当院のインプラント体制をご紹介します。

信頼のメーカー「ストローマンインプラント」等を利用

インプラントには様々なメーカーがあり、それぞれに特徴があります。

例えば、

  • 成功率が高いメーカー
  • 世界シェアを獲得しているメーカー
  • 研究機関を持っているメーカー
  • 骨との結合が速いメーカー

そして、

  • 成功率が低いメーカー
  • エビデンスがないメーカー
  • 使い勝手が悪いメーカー

つまり、どのメーカーを選択するかで、予後が異なります

ロゴ

当院では世界NO1のシェアを誇る「ストローマンインプラント」の他、カムログインプラントZIMMERインプラントを採用しています。
どれも、世界のドクターから信頼を得ているメーカーになります。

「CT等の精密機器」の充実

CT

マイクロ

精度の高い治療を行うため、CTやマイクロスコープ、レーザー、シミュレーションソフト等の機器を整えています。
CT撮影は必ず実施します。

「歯科技工士」が院内に常駐

技工

技工2

インプラントの上部構造(歯になる部分)は歯科技工士が作成します。通常、歯科技工士は歯科医院とは別の場所で独立して仕事をしていますが、当院では当院専属の歯科技工士がいますので、次のようなメリットが生まれます。

  • 患者さんの希望が通りやすい(歯の色/形)
  • 歯を製作する期間が短縮される
  • 精度の高い被せ物を制作できる
  • 何かあったときにすぐに対応できる

「アフターフォロー」の充実

フォロー

インプラントも、天然歯のように「歯周病」のような病気になります。インプラント周囲炎と言います。

そのため、治療後のメンテナンスがとても大切になります。

当院には、メンテナンスそして歯周病治療のプロである「歯科衛生士」が多数在籍しています。そして患者さんごとに決まった担当が付く「担当制」を採用しています。

プチ集合

担当制にすることで、患者さんのお口の状態を的確に把握でき、悪くなりそうなときはすぐに適切な処置ができる他、患者さんの生活スタイルに合わせて、様々なアドバイスが可能になります。

最後に、担当医からのメッセージ

何事もそうですが、どの医院もしくは、どの担当医が治療を行うかで結果は大きく異なります

そのため、質の高い治療を提供できる医院で治療を受けるべきなのですが、ネット上には様々な情報が溢れており、どの医院が良いのかを判別するのは難しい状態です。

そこで皆さんにお勧めしているのは、「直接担当医の話を聞きに行く」ことです。
つまり、担当医の「人間性」や「治療に対しての熱量」を感じに行くということです。

会話3

もちろん、それだけでは治療の質までは分かりません。
しかし、想いのあるドクターは、「患者さんに良い治療を提供したい」という想いが強く、それを実現させるための研鑽や医院設備の投資を行っている確率が非常に高いです。

当院では、無料相談を行っています。
また、セカンドオピニオンにも対応していますので、是非、お話をさせてください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「新宿西口駅」直結 /「新宿駅」西口2分

03-5325-3172

  • WEB予約
  • MAIL相談
  • 診療時間 10:00~21:00
  • 休診日:祝日
  • ※日曜日は10:00~17:00
このページのトップへ