抜歯を回避する治療

キービジュアル

多くの場合、
「抜歯」に至るケース

  • ひどい「虫歯」
  • 過度に進行した「歯周病」
  • 歯の「根」の病気

すべてのケースで
対応できるわけではありませんが、
可能な限り、歯を残す治療を実践

「抜歯を回避」したい方、ぜひ当院まで一度ご相談ください

歯の病気が過度に進行してしまうと、通常の治療では対応できなくなり、最終的に「抜歯の宣告」を受けます。

抜歯になることで、痛みなどからは解放されますが、また次の問題が待っています。

例えば、抜歯後に入れ歯を入れた場合、「噛みにくい」「目立つ」「食べ物が挟まり痛い」等の問題が生じることがあります。また、入れ歯は、他の健康な歯を「支え」として安定させる装置なので、物を噛むたびに支えとなっている歯が揺さぶられ、遅かれ早かれその歯も抜歯になる可能性があります

つまり、ご自身の天然歯と人工物では、その後の過程に雲泥の差があるということです。

ドクター2

そのため、当院では抜歯せずに「歯を残す選択」を第一優先で考えます。次の方法があります。

  • ひどい虫歯の場合:エクストリュージョン法
  • 過度に進行した歯周病の場合:歯周組織再生療法
  • 歯の根の病気(根尖病巣等):歯根端切除術

それぞれご紹介します。

「ひどい虫歯の場合」
エクストリュージョン法

2

虫歯が過度に進行すると、次のような状態になります。
ここまでくると通常の治療では対応できず抜歯となります。

しかし、矯正のテクニックで「エクストリュージョン」という方法があるのですが、これを活用することで抜歯せずに歯を残すことができる場合があります。

簡単にお伝えすると、歯の根を上に引き上げ、それを被せ物の土台にすることで治療を行う方法です。

「過度に進行した歯周病」
歯周組織再生療法

治療

歯周病が進行すると、顎の骨を溶かしていきます。歯は顎の骨に支えられているため、その土台が溶けてなくなってしまうと、歯がグラグラし始め、抜けてしまいます。

これを回避するために、顎の骨などの歯周組織を再生させる方法が選択されます。

当院では「エムドゲイン(自費)」と「リグロス(保険適用)」の2つの材料を使い分け抜歯を回避する治療を行っています。

エムドゲイン

  • 麻酔した上で、治療する部分の歯肉を切開します。

  • 歯石などの感染部分を清掃し、取り除きます。

  • 歯を失った部分にエムドゲインを塗布します。

  • 切開した歯肉部分を縫合します。

エムドゲインゲルという薬を患部に塗ることで、本来備わっている骨の再生能力を発揮させる治療法です。骨の再生は約8か月で完了します。

リグロス(保険適用

リグロス

当院では保険が適用される「リグロス」という材料も利用しています。
効果は先にご説明した「エムドゲイン」と同様です。

「歯の根の病気」歯根端切除術

治療2

歯の根の神経が最近に侵された場合、神経を除去する治療(根管治療)を行います。しかし、最近感染が歯の根の奥まで進行し膿がたまってしまった場合、通常の根管治療では対応できず抜歯を宣告されてしまう事があります。

しかし、そのような場合でも「歯根端切除術」という「外科処置」により、抜歯せずに治療を行うことができます。

イラスト

外科的に根尖(根の先っぽ)を切断すると同時に膿の袋を摘出する処置を行います。

ご自身の歯を守りたい方へ

これまで抜歯を回避する治療に関してお伝えしてきました。
前提として、「すべてのケースで適応できるわけではない」ことはご理解ください。

ドクター

しかし、適応であれば、あなたの歯を抜歯せずに治療することができます。

ご紹介した方法は、医院によっては「対応していない」こともありますので、ご自身の歯を残したい方、諦めずに他の医院でセカンドオピニオンをされることをお勧めします。

ご自身の歯ほど、かけがえのないものはりません。
まずはご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「新宿西口駅」直結 /「新宿駅」西口2分

03-5325-3172

  • WEB予約
  • MAIL相談
  • 診療時間 10:00~21:00
  • 休診日:祝日
  • ※日曜日は10:00~17:00
このページのトップへ