親知らずの抜歯

キービジュアル

口腔外科医」が在籍

難症例でも対応可能
痛み、腫れを最小限に抑えます

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

親知らずを抜歯したケース。保険適用。
治療後、痛みや腫れが生じることがある。
治療期間1日。

  • CT分析
  • 「痛み・腫れ」を軽減する
    ピエゾサージェリー
  • 「治癒」を促進させるPRGF
「腫れない」親知らず(特別プラン)

当院では「保険」で行う処置の他、
保険外にはなりますが、
腫れない (ダウンタイムのない)
親知らずの抜歯も行っています。
詳細はこちら

「口腔外科医」が在籍。難症例でも対応。

オペ風景

親知らずの抜歯は、多くの医院で対応しているものですが、水平埋伏などの「難症例」はどの医院でも行っているわけではなく、大学病院を紹介されることが多くあります。

ドクター

なぜかというと、治療にリスク(出血/神経麻痺)が伴うためです。

当院では口腔外科のドクターが在籍している他、難症例でも安全に処置できる環境が整っております。

大学病院を紹介されると、なかなか予約が取れなかったり、待ち時間も多くなることが多くありますので、まずは口腔外科医が在籍する歯科医院で受診されることをお勧めします。

「安全・的確」に親知らずの抜歯を行うために

では、当院で行う親知らずの抜歯の治療体制をご紹介します。

正確な診断を可能にする「CT撮影」

CT

一般的には「2次元」で撮影するレントゲンを用いて診断を行いますが、当院では「3次元」での撮影を可能にするCTで撮影し診断を行います。

ドクター2

2次元と3次元では「見える範囲」が異なります。
下の画像をご覧ください。

他の治療のケースなのですが、同じ部位を2次元レントゲン()、3次元のCT()で撮影した画像になります。

丸がついている部分が問題の生じている部分です。
3次元ではしっかり黒い影が出ていますが、2次元ではそれが確認できないと思います。

  • 比較1
  • 比較2

つまり、2次元レントゲンだけで診査診断をした場合は、「問題はない」と判断してしまうということです。これはとても怖いことです。

歯科医療において「見える」「見えない」は、結果に大きな影響を与えます
当院では「しっかり見える」3次元のCT装置を利用した診査診断を行います。

「痛みや腫れを軽減」する
ピエゾサージェリー

親知らずには「難しいケース」と「簡単なケース」に分かれます。
簡単なケースは数分で処置が終わりますが、難しいケースの場合は「歯肉を切開」するなどの大掛かりな処置になることがあり、治療後は「痛みや腫れ」が生じます。

ピエゾ

これを可能な限り軽減させるため、当院では「ピエゾサージェリー」と呼ばれる超音波機器で処置を行うことがあります。

歯肉や骨へのダメージを最小限に抑えながら切開できるため、治療後の痛み・腫れを大幅に軽減することが可能になります。

術後の治癒を促進させる「PRGF」

PRGF

成長

親知らずを抜歯することで、生体に一定のダメージを与えることになります。それを早期に回復させるのが「PRGF」という手法です。

患者さんの血液からPRGFを利用して「成長因子」を生成し、それを親知らずがあった場所に埋め込むことで、痛み腫れの軽減、治癒促進の効果があります。ご自身の血液から作るため、拒絶反応やアレルギーなどは生じません。

「特別プラン」:腫れない親知らずの抜歯

オペ

難しい位置に生えてしまった親知らずの場合、どうしても抜歯の過程に歯肉を切ったり、顎の骨を一部削ったり等の手順が入り、術後に腫れや痛み等のダウンタイムが1週間~2週間程度出てしまいます

ドクター

当院ではそういった難しいケースで、お仕事やご予定の関係、または術後の痛みが怖くて抜歯に踏み込めないといった方に向けて、腫れや痛みが出にくくなる予防措置や、治癒が早くなる措置をすべて組み込んだ抜歯プランをご用意しています。

プランの内容

術前のCT撮影

スムーズな抜歯に必要です。

PRF

採血をさせていただき、ご自身の血液から治癒を促進するPRFを作製して、抜いたあとの穴に入れていきます。ドライソケット予防にもなります。

テルプラグ

コラーゲンの材料です。上記PRFと一緒に抜いた穴に充填し、治癒を促進します。

ステロイド洗浄

抜いたあとの穴をステロイドを含む薬液で洗浄します。腫れが出にくくなります。

ビタミンC点滴

治癒を促進するビタミンB群・高濃度ビタミンCの点滴を行います。

抜歯後の感染を防ぐための抗菌薬

オプション(寝ている間に治療が終了/静脈内鎮静法)

セデーション

抜歯自体が怖い!という方には、静脈内鎮静法のご用意もございます。
鎮静作用のあるお薬を使い、ぼーっとした状態で施術を受けていただく方法です。こちらは麻酔医が全身を管理し、術後には1.5~2時間程度院内で薬の効果がある程度抜けるまで休んでいただく必要があります。その他複数注意事項がございますので、お悩みをお持ちの方は一度ご相談にお越しいただければと思います。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「新宿西口駅」直結 /「新宿駅」西口2分

03-5325-3172

  • WEB予約
  • MAIL相談
  • 診療時間 10:00~21:00
  • 休診日:祝日
  • ※日曜日は10:00~17:00
このページのトップへ